海外進学に必要な英語のテストを知る。

大学留学のために英語力は当然、必要です。海外の大学での授業についていけるだけの英語力が求められます。そして、その英語力の判定に用いられるのがTOEFLなどの様々な英語能力判定試験です。日本で有名なTOEICは、使われないので、悪しからず。
ちなみにほとんどのテストは民間企業が行っています。また国によっても求めるテストが異なります。
アメリカやカナダはTOEFLが中心です。(今は、日本の有名大学の大学院でも必要になってるようです。)
イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・マレーシアなど元イギリス領ではIELTSが一般的です。

・TOEFL
主にアメリカ/カナダの大学や大学院へ留学する際に必要な英語能力判定試験。アメリカでは一般的なテスト。地での就職の際にも使用できます。PBT(ペーパー試験)とiBT(インターネット試験)があり、今はiBT中心です。TOEFL(iBT)と表示されます。日本で受験すると、約3万円程度かかります。(詳細は、TOEFLテスト日本事務局のページまで。)

・IELTS
IETLSは、イギリス/オーストラリア/ニュージーランド/マレーシアなど、旧イギリス領への大学進学や、就職に欠かせない英語能力テストです。本社団は、マレーシアを中心としていますので、このテストを中心に行っています。テストは、大学進学のための「ACADEMIC」と、就職のための「GENERAL TRAINING」の二つがあります。日本では英検が行っています。費用は、約25,000円です。(詳細は、英検のIELTSのページまで。)

以下は、各英語テストとCEFR相関図です。簡単に言えば、どのテストで何点くらいなら、他のテストだとこのくらい・・というものだと思って下さい。(実際は、英語のスキルをざっとまとめて評価してますので、そこまで厳格ではありませんが)

大学別にそれぞれ目標とするスコアは異なりますが、有名大学は、C1-C2レベルが必要です。(熟練した言語使用者レベル)B2レベルで、専門的内容をどうにか英語でいうくらいですので、皆さんが目指すのは、C1以上のレベルになります。

英語力が足りない場合は、どうする?

英語力が足りないことがほとんどです。そのため多くの生徒は、語学学校に進むことになります。
アメリカ進学などは、

 語学学校 → 2年制大学(コミュニティ・カレッジ)→ 4年制大学

の流れが普通です。日本のように入学した大学と卒業する大学が同じということはあまりありませんね。
大学によっては、語学学校からの持ち上がりを保証しているところもありますし、大学によっては、入学を前提とした語学学校を校内で行っているところもあります。

入学時期、高校までの日本での英語学習

日本での英語学習は大切です。出来れば、英検準1級までは取得しておきたいものです。
また語学学校は、随時入学出来るはずですので、高校卒業後に4月から入ることも可能です。
また大学も年に数回、入学時期を持っていますので、早ければ9月入学も可能になります。
しかし授業は英語ですし、ノーティングは本当に大変です。しっかりと勉強をした上で大学に進むようにしましょう。