一般社団法人 グローバル教育人材交流協会

2019年夏の大学生のための語学研修inマレーシア

  • HOME »
  • 2019年夏の大学生のための語学研修inマレーシア


大学生向け語学研修がスタートします。

日程:8月25日~9月1日(予定)
費用:135,000円(税別)
定員:15名 第一次
締切:7月1日 第二次締切 8月10日

 

大手企業は、東南アジアに強い人材を求めています。同時に求められる英語力も非常に高くなっています。日本がグローバル化する中、社会に出る前までに、多様性や多文化を理解しておかねければなりません。小人数で、徹底的に英語をブラッシュアップさせるだけでなく、東南アジア独特の多文化、他宗教についても学ぶことができます。

マレーシアはイギリス統治の期間が長く、首都クアラルンプールでは、英語での生活と今でもなっています。
しかもアメリカ式ではなく、キレイなクィーンズ・イングリッシュを話します。

daigaku_gogaku1

今回のプログラムは、皆さんを10日~2週間でグローバル人材へ最初の一歩になることを目的としています。小人数での徹底した英語プログラムで、あなたの英語力をアップさせます。講師は、大学で英語を教えていたシルビア先生。マレーシア政府にも認定されている英語教育のプロフェッショナルです。マレーシアでの研修が終わった頃には、英語はもちろんのこと、イスラム文化をはじめ、様々な文化、風習を知るようになっているでしょう。マレーシアには、様々な人種がいます。インド人が、なぜ国際的に活躍しているのか?中華系の人は、なぜお金持ちが多くなるのか?このようなことも、分かるようになると思います。英語だけなく、世界の縮図のマレーシアで学ぶことは、まさに世界で学ぶと言えるほど貴重な体験となるものです。

大学生の英語研修では、1週間で「英語が聞き取とれる」「自分の英語が通用した」という体験をしてもらうこと。そのためには、何と言っても講師の質が大切です。生徒1人1人の技量を見極めてクラスを進めます。

まず行うのは、耳のチューニング。これは、日本でも多くの教材が出ていますが、なかなか長続きしません。実戦での会話と「録音されて繰り返される」だけの音声では、伸びたという感覚もなければ、現実に海外に行くと、まったくもって使えないと思う人も多いでしょう。

しかしたった1週間でも、海外できちんと訓練をし、実戦すれば、それなりに耳は出来上がるものです。
もちろんペラペラに話せることはありませんが、何となく言っている意味は分かるようになります。

univ3_1
日本人は、これから付き合うことが増えるアセアン諸国の英語にこそ、慣れておくべき。
そしてイスラムになれておくことも今後のグローバルでは大事なことです。欧米化とは違うグローバルな社会が子供たちには待っているのです。

現在、多くの日本の大学が東南アジア、特にマレーシアに注目している理由も、数か国語話せること、教育熱が高いこと、何より、世界中の教育システムが混在し、世界の教育のハブになっていることなどがあげられます。

 

 

malay01

過去の英語プログラムの様子

 

S__7331845

生徒たちと食事を楽しむシルビア先生と仲村理事 

◎英語での生活が体験できるクアラルンプール。
英語を日常的に使える場こそが、英語力を高めます。クアラルンプールは、多言語・他文化が共存するアジアを代表する国際都市であり、まさにそのような環境です。gleeaの研修では、クラス授業の後、街に出てすぐに習った英語を使います。英語で意思疎通ができたという喜びが、モチベーションを一層高めます。

2014年夏のマレーシア研修にて

過去の研修の様子

◎完全オリジナルなので安く、安心なプログラムになっています。
旅行代理店や留学屋が主催する語学研修とは異なり、プログラム作成から引率・現地での対応に至るまで一貫して私共が行う完全オリジナルの研修です。代理店を通さないため、一般的な研修の半額に近い価格で提供いたしております。授細かい内容まで安心してご参加いただける研修となっております。

◇よくあるご質問

あまり英語が出来ないのですが、大丈夫でしょうか?
小人数で行ないますので、各自のレベルに応じた指導を致します。
日本との連絡は取れますか?
現地では、wifiが完備されておりますので、LINEやメッセンジャーなどで連絡を取れます。
病気やケガなどの対処は大丈夫ですか?
必ず保険をかけておいて頂きます。私どもでおかけすることも可能です。私共は、現地で日本語が使える病院とも提携しておりますのでご安心下さい。
1週間とか10日でどのくらい英語が伸びるのですか?
現場で伸びるというよりも、帰って来てから英語が伸びるていう感じです。勉強の英語でなく、使える英語を学習することは、たいへん意味があるとお気づきになられると思います。
今、お申込みを考えていますが、いつまでに申し込みをすればよいのですか?
社団の行うプログラムですので、営利目的よりも子どもへの結果を重視しております。人数は、15人までにさせて頂いております。(最低催行人数は7名)いつまでというのは、ありませんが人数になり次第、締め切る形となります。
行く前にスタッフの方とお話しが出来ますか?
オンラインで、全参加者、スタッフ、とのミーティングに参加して頂きます。先に顔を合わすことで安心してマレーシアに行くことができます。
日程が少し合わないのですが、どうすればよいですか?
学校の関係で、日程を遅れて来る方もいらっしゃいます。スタッフに相談してください。

 

◆大学生の皆様へ

本ページをご覧いただき、ありがとうございます。

日本の教育が変わる中、ますます英語の重要性が高まっています。

もともと1週間程度の英語プログラムで出来ることはたかが知れています。1週間で英語が出来るようになると思っている人は皆無でしょう。しかし人生を変える1週間にすることはできます。それは日本では、絶対に体験出来ないことをすることです。

私どもの留学プログラムは、他プログラムと異なり、旅行的要素や娯楽的要素はあまりありません。

しかも、小人数での英語指導(ほぼ個別指導)を行ったり、場所もホテルや現地の教育機関のものを借りたりと、安全・安心だけでなく教育環境にも気をつかっています。わずかな期間で最大の効果が出るように設計しています。

参加した先輩方々は、その後、様々な国に留学している人が多く、その後、日本の一流企業への就職を決めています。
英語だけでなく、多文化への理解が評価されることが多かったようです。

このプログラムは、ちょっとキツイです。過去の生徒の中には、アメリカやカナダなどの有名な場所で短期留学を経験している生徒もいましたが、そのような生徒でも、この留学が一番キツかった、本当の英語漬けとは、このようなことを言うんですね!?と言ってました。宿題も毎日出ますし(しかもレポート形式)、最後にテストもあります。しかし海外の学生が、どれほど勉強しているかは、みなさん、ご存じの通りです。ですから万人受けする内容ではありませんが、ただし1週間で出来る最高のプログラムであろうと思います。

このプログラムが皆さんの将来のキャリアに役立つことをお約束します。

代表理事 河野 優

◆締切及び定員
定員:15名 申込締切(第一次):7月1日 なお、お申込多数の際には、先着順とさせて頂きます。

◆資料請求フォーム

さらに詳しい情報をお知りになりたい方は、以下のフォームよりさらに詳しい資料請求が出来ます。お気軽にご請求ください。

1週間程度でお手元にお届けします。


PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »