一般社団法人 グローバル教育人材交流協会

2019年大学生の春のマレーシア短期研修のご案内

  • HOME »
  • 2019年大学生の春のマレーシア短期研修のご案内

今、大手企業は、東南アジアに強い人材を求めています。同時に求められる英語力も非常に高くなっています。日本がグローバル化する中、社会に出る前には、今まで以上に、多様性や多文化を理解しておかねければなりません。マレーシアの国立大学に現地の大学生と同じプログラムで、英語と多文化について学ぶグリーのカリキュラムでは、短期間ながら、これらが身に付くようになっています。

本プログラムに参加してくれた濱田さんの感想です。この時には、濱田さん含め、5名の大学生が参加しました。参加大学は、東京大学(1名)東京外大(1名)首都大東京(2名)青山学院大(1名)です。オリエンテーションやイベント、ツーリズム等、学習内容は、非常に濃いものになっています。

これから、日本のグローバル化が進む中、「英語」だけでは、勝負になりません。英語は、出来て当たり前の時代になっていきます。それよりも、各国の文化や、風習に理解を示し、かつ現地の人たちと協働出来る人材が求められています。
総務省が文部科学省に対し7月に要望を出しました。その中で、英語や外国語だけでなく、各国の文化に理解を示し、寛容性のある人材を育てるべきとハッキリと言っています。企業もそのような人を求めています。

ある生徒は、有名国立大の受験に失敗し、私立大へと進みましたが、そこで頑張り、計4回の留学を経験して帰ってきました。大手企業、外資系も含め、全て内定をもらいましたが、一番評価されたのは、東南アジア最大国であるインドネシアへの半年間の留学でした。(イギリスなどにも行ってましたが評価はされなかったようです。既に多くの人が行っていることに踏まえ、語学以外の経験の重要性という意味で、東南アジアが評価されたということらしいですが)

gleeaのプログラムは、語学だけではなく、広い意味での文化交流を行う内容です。
わずか2週間ですが、他では体験出来ない内容となっています。

 

大学との協定書の授与式

大学の図書館前での記念写真

UTHMの皆さんが動画を作成してくれました。

参加費用は、宿泊費、レッスン料、滞在費、保険料など全て込みで約15万円程度です。(レートにより多少変動します。また海外、国内の移動費は含みません。)国立大学との提携でかなりリーズナブルになっています。

応募資格

本プログラムは、マレーシアの国立大学との提携で作られています。そのため現地の学生と同じ教室で学習します。(早い話が、現地の大学生の授業にも出ます。)厳しい日は、朝8時~夜10時まで授業ということもあります。多くの研修プログラム(語学学校)のような短いものではありません。

一方、ツーリズムなどは、現地の観光局やスルタンのご厚意を得て、普段は行けないところにも見学に行かせてもらっています。これも、UTHMというジョホールにある国立大学全面支援のもと出来上がっているプログラムだからです。
 
現地での生活は、ハードではありますが、まさに他にはないプログラムです。英語に磨きをかけたい方だけでなく、今後、東南アジアで活躍したい方、外資系、大手企業で活躍したい方にも、きっと役立つプログラムとなっています。

お問い合わせは、こちらのフォームをご利用下さい。


PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »