(基礎知識)日本の偏差値とランキングの違い

日本だと「偏差値」で大学をランク付けします。しかし、他国では偏差値というものが存在しません。
海外進学において、まずは、この2つの違いを理解しておきましょう。

偏差値は、分かりやすく言えば「入学する難しさ」です。生徒の入学時の優秀さと言っても良いかも知れません。一方、世界ランキングは、「大学そのものの教育力」です。あとで、細かい要素は説明しますが、大学そのものの教育力計るのが、ランキングだと思っておいて下さい。偏差値は、入学した時の生徒の賢さ、ランキングは、生徒を大学でどこまで伸ばしてるか?という話です。

一般的に世界ランキングが高い大学は、もちろん生徒も優秀です。しかし、海外の入試は、日本のようなペーパーテストだけということはなく、面接やエッセイ(小論文)など様々な方法で生徒を選抜します。そのため、得点のような分かりやすい基準がありません。

また大学への考え方が他国と異なることもあります。日本の場合は、科挙制度を中心に行ってきていますので、東大を頂点としたピラミッド型から抜けられませんし、東大こそが偏差値では最難関でなければならないわけですが、海外では、大学そのものの特徴がはっきりしており、「どのような生徒に育てるか?」ということが、大切なので今の学力よりも、卒業時の学力が大切なのです。

そのため大学のランキングは、一応の目安であり、厳密なものではありません。

ランキングをどう見るか?

世界ランキングは、毎年動きます。日本の偏差値は、ほとんど動かないですよね。
そのため、日本では、大学に「入る」ことが目的化され、大学生になると勉強しないと言われるわけですが、海外では、大学で、どこま実績を積んだか?いうことが大切ですので、大学生は、本当に勉強します。学生の質が卒業時によくないと、ランキングも落ちるからです。以下は、大学世界ランキングでも有名なTHE(タイムズ・ハイアー・エデュケーション)のものです。
多少の比率は異なりますが、ほぼどれも、論文の引用数や、研究者の評価などを見ているようですね。

■THE-TR 2010年からの評価指標(Wikipdiaより)

項目 詳細 内訳 配分
1 教育 研究者による評価 15% 30%
教員当たり学部学生数 4.5%
学士授与数当たり博士授与数比率 2.25%
教員当たり博士授与数 6%
教員当たり収入 2.25%
2 論文引用(学問分野の違いを調整) 32.5%
3 研究 研究者による評価 19.5% 30%
教員当たり研究収入 5.25%
教員当たり論文数 4.5%
研究収入中の公的資金の割合 0.75%
4 国際 外国人教員比率 3% 5%
外国人学生比率 2%
5 “産学連携 教員当たり産学連携収入 2.5% 2.5%

最新世界大学ランキング

2018年用の新しい世界大学ランキングと、日本の大学ランキングが発表されました。

THEによる世界大学ランキング2018のTOP100は、以下の通りです。

THE世界大学ランキングTOP100【2018】
順位 大学名
1 オックスフォード大学 UK
2 ケンブリッジ大学 UK
=3 カリフォルニア工科大学 USA
=3 スタンフォード大学 USA
5 マサチューセッツ工科大学(MIT) USA
6 ハーバード大学 USA
7 プリンストン大学 USA
8 インペリアル・カレッジ・ロンドン UK
9 シカゴ大学 USA
=10 スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHZ) スイス
=10 ペンシルベニア大学 USA
12 イェール大学 USA
13 ジョンズ・ホプキンス大学 USA
14 コロンビア大学 USA
15 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) USA
16 ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL) UK
17 デューク大学 USA
18 カリフォルニア大学バークレー校 USA
19 コーネル大学 USA
20 ノースウェスタン大学 USA
21 ミシガン大学 USA
=22 シンガポール国立大学(NUS) シンガポール
=22 トロント大学 カナダ
24 カーネギーメロン大学 USA
=25 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE) UK
=25 ワシントン大学 USA
=27 エディンバラ大学 UK
=27 ニューヨーク大学(NYU) USA
=27 北京大学 中国
30 清華大学 中国
31 カリフォルニア大学サンディエゴ校 USA
32 メルボルン大学 オーストラリア
33 ジョージア工科大学 USA
=34 ブリティッシュコロンビア大学 カナダ
=34 ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン ドイツ
36 キングス・カレッジ・ロンドン(KCL) UK
37 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 USA
=38 スイス連邦工科大学ローザンヌ校 スイス
=38 カロリンスカ研究所 スウェーデン
40 香港大学 香港
41 ミュンヘン工科大学 ドイツ
42 マギル大学 カナダ
43 ウィスコンシン大学マディソン校 USA
44 香港科技大学 香港
45 ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク ドイツ
46 東京大学 日本
47 ルーヴェン・カトリック大学 ベルギー
48 オーストラリア国立大学 オーストラリア
49 テキサス大学オースティン校 USA
=50 ブラウン大学 USA
=50 ワシントン大学(セントルイス) アメリカ
52 南洋理工大学 シンガポール
53 カリフォルニア大学サンタバーバラ校 USA
=54 カリフォルニア大学デービス校 USA
=54 マンチェスター大学 UK
=56 ミネソタ大学 USA
=56 ノースカロライナ大学チャペルヒル校 USA
58 香港中文大学 香港
59 アムステルダム大学 オランダ
60 パデュー大学 USA
61 シドニー大学 オーストラリア
62 フンボルト大学ベルリン ドイツ
63 デルフト工科大学 オランダ
64 ヴァーヘニンゲン大学 オランダ
65 クイーンズランド大学 オーストラリア
66 南カリフォルニア大学 USA
67 ライデン大学 オランダ
68 ユトレヒト大学 オランダ
69 メリーランド大学カレッジパーク校 USA
=70 ボストン大学 USA
=70 オハイオ州立大学 USA
=72 エラスムス・ロッテルダム大学 オランダ
=72 PSL Research大学 フランス
=74 京都大学 日本
=74 ソウル大学 韓国
76 ブリストル大学 UK
77 ペンシルベニア州立大学 USA
78 マックマスター大学 カナダ
79 アーヘン工科大学 ドイツ
=80 グラスゴー大学 UK
=80 モナシュ大学 オーストラリア
82 アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルク ドイツ
=83 フローニンゲン大学 オランダ
=83 ミシガン州立大学 USA
85 ニューサウスウェールズ大学 オーストラリア
=86 ライス大学 USA
=86 ウプサラ大学 スウェーデン
88 ベルリン自由大学 ドイツ
89 ダートマス大学 USA
90 ヘルシンキ大学 フィンランド
91 ウォーリック大学 UK
92 ベルリン工科大学 ドイツ
93 ルンド大学 スウェーデン
94 エバーハルト・カール大学テュービンゲン ドイツ
=95 バーゼル大学 スイス
=95 KAIST 韓国
97 ダラム大学 UK
98 エモリー大学 USA
99 カリフォルニア大学アーバイン校 USA
=100 ライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボン ドイツ
=100 ピッツバーグ大学 USA
=100 コロラド大学ボルダー校 USA

出典:Times Higher Education

世界ランキングを見るとTOP100に入っているのは、東大だけ。しかも既にアジアNo1の座を降りています。
日本人は、ランキングが好きでありながら、自分に不利なランキングは見ようとしません。

「こんなランキングって意味あるの?」
「そもそもランキングする会社によって違うから意味ないじゃん!」
「日本は日本語だしハンデあるから・・」

こんな意見が多いのは知っています。

しかし多くの大企業はグローバル化し、人材もこのランキングで動いています。
そして何より国際的に「人材」の「学歴」を見る1つのルールになっているのは事実です。
自分に合わないルールだから文句を言うってのは、意味ないですよね?
それなら、そこで勝負しない。そのゲームに乗らないという判断をしないと。

今後、日本は、思いっきり、このゲームに参加します。
そのための2020年問題です。今後、海外進学も増えていくのは自明ですね。

ちなみに80位にモナシュ大学がランキングされています。
実は、私どもの生徒が、青山学院大学を退学して、入りました。
(正確には、マレーシアのモナシュ大学(オフショア)ですが。)

当然、世界的にはモナシュの方がはるかに上です。

しかし日本での認知度は、青学の方がはるかに上。

数年後、彼がどうなるか・・・それが1つの答えになるのでは?と思っています。

2014年からマレーシア留学を手掛ける。会社員時代の友人がマレーシアから来ていたこともあり、今では毎年マレーシアを訪れるほどに。観光よりも、仕事ということで、観光地は知らずとも、大学やインター校には、やたら詳しい。留学の他に、学習塾、日本語教室も経営しながら、東南アジアからの学生の受け入れなども手掛ける。