長期留学をあまりせず、短期に力を入れている団体ってちょっと変わってませんか?
留学は、長期を扱うことで儲かるらしいのですが(多くは、サポート代と保険料)、私たちは、民間教育が母体です。
多くの子供たちを(地域の子供たちを)グローバル人材にということで活動してますので、安い短期研修を中心にしているわけです。しかし安全・安心には細心の注意を払っています。

そのため、基本、ホテル内で語学研修は行います。しかも、その辺りは、夜になると東南アジア1と言われる出店村になりますので、(チャイナタウン)観光のメッカの1つでもあります。このような場所でメインの語が宇研修を行うため、すぐに生徒とも連絡が取れるという安心感もリピーターを生んでいる1つでしょう。


写真は、ホテル近くのパサセニ駅。KLセントラル駅まで1駅、そのままKLCC(ツインタワー)にも直結で行ける便利なところです。ジュニア(中・高校生)の研修で私たちがクアラルンプールにこだわる理由の1つです。

2014年からマレーシア留学を手掛ける。会社員時代の友人がマレーシアから来ていたこともあり、今では毎年マレーシアを訪れるほどに。観光よりも、仕事ということで、観光地は知らずとも、大学やインター校には、やたら詳しい。留学の他に、学習塾、日本語教室も経営しながら、東南アジアからの学生の受け入れなども手掛ける。