春の留学のデポジットも無事に届き、いよいよです。
What’s upからは、以下のようなメッセージが・・・

[18:28, 2017/12/05] シルビアさん:
Recieved Rm 〇〇,〇〇〇 n have put into FD for 3 mths at 〇.〇〇 per cent.
In a few days the bank officer will inform me the exchange rate n the charges. 
I will send u the picture of the FD. Tq . Money in safe hands
My branch Hv to refer to head quarters . So inefficient

いつも定期に入れてもらいます。
その後は、こんなメッセが・・・

[20:18, 2017/12/05] シルビアさん:

Kono SAN. How is Ayana ? Please tell her anytime welcome in KL.
I have homestay for her-free.Your family is most welcome.

せっかくなので娘の写真を送りました。第一回目の研修に中3で参加して、もう3年・・。
今、高3生。某国立大を目指して頑張っていますが・・

大学に無事合格したら、その後、交換留学制度でシンガ国立に紛れ込むことを考えております。
(厳しいでしょうが。)

娘だけでなく多くの生徒が、gleeaの研修プログラム後は、海外を考えるようになります。

ちなみにシンガポール大は、今はアジアNo1。非常に難しいのですが、それ以上に
物価もアジアNo1・・・親としては、却下。・・(^-^::

一方、隣のマレーシアは、物価がまだ安い。学費も当然に安いです。
有名私立大でも、生活費込で、150万円もあれば十分です。
都内の生徒であれば、あまりメリットはないかも知れませんが、地方の生徒だと
東京で生活する生活費+大学の費用となるわけで、そう考えると海外の大学はありですね。

しかもマラヤ大学なら、シルビア先生の家から近。

「マラヤでいいんじゃね?」とはいつも話しますが、
「はぁ~???」

と取り合ってもらえませんが・・。

今では、青山学院大を中退してマレーシアにある「モナシュ大学」に入学した生徒もいます。
オーストラリアの大学のオフショアですが、なんと世界ランキングは80位。
今後もどんどん海外進学は増えていきそうですね。